らんこっこ音楽堂♪

旧「たまみの音楽室」

わかって欲しい、という気持ち

「わかって欲しい」という気持ちは誰にとっても少なからず大切なものなのだと思う。

 

言葉が思った通りの意味で理解されなかったとか、行動が誤解されたとか、そんな時に「わかって欲しい」と思う。

 

自分の心を守るために「わかってくれない相手からは離れる」というやり方は、とても大切。

 

けれど、時代と共に多様性は広がる一方で、個々の考え方の違いを尊重しよう、という方へ進んでいる。

 

そうなると「そうだね、私も同じだよ」という事は少なくなり、わかってくれる人は少なくなる。そして、より細かな差異を大切に扱うことになる。

 

今までのように「わかって欲しい」を外に求めていても満たされない、誰も同意してくれないかも知れないのだから、自分の「わかって欲しい」を満たせるのは自分だけになる。

 

自分で自分を「わかる」

それが出来ていたら、外には求めない。

 

一人一人が自分で自分をわかっている。

その時、初めて、お互いの違う考えを「いいね!」と尊重出来るのかも知れない。

 

 

runcocco.hatenablog.com