白木蓮と歌う日は

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らんこっこ音楽堂ブログ♪

「らんこっこ音楽堂」(旧「たまみの音楽室」)のブログです♪ ヴォイスレッスン&エネルギーワークのサロンです☆彡

歌う時の舌の位置

ヴォイスレッスン

民謡を習っているレッスン生の方が

民謡の先生のところで歌ったら

「舌を引っ込めなさい!」

と怒られたとのこと

 

 私は以前の記事でも書いたけど

母音の時は舌を伸ばすことをお勧めしています。

(どんな時もではありません、例外は沢山あります。)

 

runcocco.hatenablog.com

NHKなどにも何度も出演され

沢山のお弟子さんを指導している民謡の先生が

発声を直したい、といらして

指導させて頂いた時期もあるのですが

 

その女性の場合は

舌が奥まっていて

つまり、舌根にすごく力が入っていました。

 

それにより起こっていたことは

高い音、低い音が出しにくくなる、つまり音域が狭くなる。

自由に音を動かせない、つまりフレーズをうまく描くことが出来ない。

そして、声の伸びを止めてしまっていました。

 

「舌はいつも伸ばして使う」のではなくて

 自由に曲げたり伸ばしたり

適切に使えればいいのです。

 

舌を丸めて舌根に力を入れる癖のある人は

一旦、舌を伸ばして、舌根の力を抜くことを覚え

その上で、自由に舌を使いましょう、というお話でした。

 

自分が舌に力を入れてしまっているか?

舌に入れた力を抜いて歌いたい、などを

レッスンでやってみたい方は

ご連絡下さい♪

 

www.geocities.jp

広告を非表示にする