白木蓮と歌う日は

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らんこっこ音楽堂ブログ♪

「らんこっこ音楽堂」(旧「たまみの音楽室」)のブログです♪ ヴォイスレッスン&エネルギーワークのサロンです☆彡

歌が下手だから直したい!と言ってきた女の子

ヴォイスレッスン

「先生、私、歌が下手なの、自分でわかってる。

クラスで歌うと自分だけ違うから、直したいの!」

 

 

Mちゃんが児童合唱団に入ってきたのは

小学校2年生の時

 

ガラガラにかすれた声で

低い音域しか出ない。

 

合唱団には、

歌が好き、歌が得意、という子が集まっていた。

 

その中に入って

苦手な歌をなんとかしたい、と言う。

 

「わかった。じゃあ、一緒に直そう!」

 

f:id:runcocco:20160803174319j:plain

 

その時のMちゃんは

低い声しか出なかったので

アルトパートに入ってもらった。

 

でも、出せる音域が狭すぎて

同じパートの人とも同じ音が出せない。

 

私はたびたび

Mちゃんの隣に行って耳元で歌った。

 

Mちゃんは、自分に先生(私)がつきっきりでいても

嫌がらず、恥ずかしがらず、懸命に私の声を聴いて

合わせようと歌う。

 

そして、他の子どもたちも

Mちゃんの目的を知っているから

誰もからかったり、文句を言ったりする子はいなかった。

 

それから

5年生になると

Mちゃんの声は音域が広がり、きれいになり、

どのパートの音でも正確に歌えるようになり

「クラスでもうまいって言われたよ」

と、報告してくれるようになった。

 

そして、6年生で退団するまで

Mちゃんは合唱団で歌い続けた。

 

きれいな声で、正しい音程で歌えるようになるまで

3年かかったMちゃん。

 

「歌が上手になりたい。」

彼女がそう望んで、それを私は手伝って、

一緒にやり遂げたこと。

 

それは、さわやかな思い出だ。