白木蓮と歌う日は

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らんこっこ音楽堂ブログ♪

「らんこっこ音楽堂」(旧「たまみの音楽室」)のブログです♪ ヴォイスレッスン&エネルギーワークのサロンです☆彡

木綿のハンカチーフ~音痴は治ります!

ヴォイスレッスン

50代女性のMさん

「私、音痴なんです…」

と、おいでになりました。

 

まずは歌ってもらいます。

木綿のハンカチーフ~♪”

「確かにそうですね、でも治りますよ。」

 

 

 

伺ったお話は…

「毎年、職場の忘年会の後に必ずカラオケに行くんです。

他の人は楽しそうに何曲も歌うんですけど、私は歌が苦手で…

とにかく、この”木綿のハンカチーフ”1曲だけを歌うんです。

でも、みんなに笑われてしまって、それが嫌で仕方ないんです。」

 

Mさんが来て下さったのは

ちょうど夏が終わる頃

忘年会までは3か月ほどあるから

間に合うな~と思いつつ

 

「今から練習したら、ほんとに治っちゃいますよ、いいんですか?」

 「音痴でも治るんですか?」

「ほとんどの音痴は治ります。練習した曲は普通に歌えるようになります。」

「お願いします!」

ということで忘年会を目指してレッスンが始まりました。

 

この時のMさんは

♪こーいーびとーよー、ぼくはーたーびだーつー♪

ほとんど、すべて同じ音で歌っている状態でした。

でも、リズムはしっかり合っていました。

高さの感覚をつかんで頂けばよい訳です。

 

 

f:id:runcocco:20160801172905j:plain

 

「こんな感じで音が上がっていっているんですよ」

「え?高さなんて考えたこともなかった!」

 

高い声の出し方がわからなくて

苦しいから高い音が出せない、という方もいますが

Mさんの場合は「音の高さについて考えたことがなかった」

このような方は新しく「高さ」に着目して曲を聴けば良いのです。

 

f:id:runcocco:20160801173344j:plain

階名に直して考えてみると、こんな音の高さになります。

 

f:id:runcocco:20160801173426j:plain

使われている音をみると

ドレミファソラシドレミ 

つまり、1オクターブ+レミ、まであるのです。

 

 まあまあ、こんなことも含め約3か月練習して頂きまして

「じゃあ、たまみ先生、忘年会行って来ます!」

 

 

 

 

 

そして、年明けにMさんが報告に来て下さいました。

「どうでした?」

「”つまんない”って言われました…」

 

職場のみなさんはMさんの調子はずれな歌を

実は楽しみにしていて

ちゃんとした音程の ”木綿のハンカチーフ” を聴いて

がっかりしたのだそうです。

 

「でも、私は笑われない方がいいんです!」

 

ほんとに、そうだと思います。

自分がどうしたいか?

 

自分の下手な歌でみんなが笑って楽しいなら、それでいい。

笑われるのは、嫌だ、ちゃんと歌えるようになりたい。

 

どっちでも、その人の選択がすてきなのだと思います。

そして、笑われたくない!と決めて

3か月頑張って練習して、本当にみんなをがっかりさせるほど

上達してしまったMさんは輝いていました☆彡

 

周りの反応はどんな風になるか、わかりませんが、

歌が苦手で、自分で音痴だな~と思っている方でも本当に治ります。

 

私は音程のない歌を聴いてもなんとも思いません。

コツコツと直していくだけですので、

もし、迷っている方は気軽にいらして下さい。

www.geocities.jp