白木蓮と歌う日は

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らんこっこ音楽堂ブログ♪

「らんこっこ音楽堂」(旧「たまみの音楽室」)のブログです♪ ヴォイスレッスン&エネルギーワークのサロンです☆彡

イマジネーションとバーチャル

 プリミ恥部さんが「イマジネーションはいらない、インスピレーションだけでいい」

(正確には言葉が違います)と言ってたことに共感したんだけど

runcocco.hatenablog.com

 

それと同じ意味かも知れないと思ったのが

「解毒ノススメ」のkelokoさんが使っている

「バーチャル」という言葉

 

私は一時期、この「解毒ノススメ」がとても参考になって

この目次ページからついにすべてを読んでしまったのだけど

 

目次(予定含む)gedokunosusume.wordpress.com

私なりの捉え方だとkelokoさんが使っている「バーチャル」という言葉は

プリミ恥部さんが言うところの「イマジネーション」を働かせた結果

出来上がってしまった、現実ではない「バーチャル」なのかな、と。

 

つまり、例えば Aさんに自分の嫌なことをされたとする。

嫌だなぁ、と思うのは当然として、その後、イマジネーションの力により

明日も会ったらきっと昨日みたいなこと言われるに決まってる!

とか、明日をバーチャルに描いてしまう、みたいな。

 

あるいは、小さいころからの刷り込みや

最近の社会的な期待を勝手に感じて

イマジネーションを膨らませてしまい

現代女性は仕事もして結婚したら子育てもして

その上、きれいで若々しくなければならない、などと

バーチャルな理想像を作り上げてしまう、とか。

f:id:runcocco:20161017043705j:plain

イマジネーションもバーチャルも

良い意味でももちろん使うと思うんだけど

上記のような意味で使った時には

最強に苦しい組み合わせになってしまうのだよ…

 

なので、心の健康のために

事実でないことからイマジネーションを膨らませることはしないでいよう

と思ったのです。