白木蓮と歌う日は

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らんこっこ音楽堂ブログ♪

「らんこっこ音楽堂」(旧「たまみの音楽室」)のブログです♪ ヴォイスレッスン&エネルギーワークのサロンです☆彡

名古屋レッスン体験会

現在、月に1度のペースで名古屋にてヴォイスレッスンをさせて頂いております。 私のレッスンを受けたことがない方を対象に名古屋レッスン体験会をおこないます。 声を通して自分を知りたい、自分の本当の声を探したい、そんな方に合っているヴォイスレッス…

らんこっこ音楽堂便り2017.3.26

らんこっこ音楽堂・関係者の方にはメールマガジンにてお知らせを配信しています。 今日は、その一部をご案内します☆彡 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【おさらい会】 4/15(土) 13:00~準備・13:30~演奏…

木曜日にグループレッスン新開講します♪

千葉県柏市でのグループレッスン新開講します♪ ※写真はつくばクラスです。 《柏・木曜クラス》 ◆第1・3(木)10:30~12:00 ◆レッスン時間90分・4000円 / 月(他・コピー代など) ◆定員8名(現在4名さまの受講が決まっています・3月現在) ◆北柏…

サウンドセッションのご案内

音で浄化し、音と遊ぶ【サウンドセッション】詳細のお知らせです。 ◆セッションの流れ◆ 前半は何もせず横になって頂きます。 アクセスバーズと惑星チャイムバーを使ってエネルギーの流れを整えます。 後半はサウンドブロックと声を使った対話をします。 言葉…

サウンドセッション、リリースします♪

音叉ヒーリング、ヴォイストリートメントなどを組み合わせた サウンドセッションをリリースします♪ 写真は「惑星チャイムバー」とてもきれいな音色です☆彡 このセッションでは、「惑星チャイムバー」と「サウンドブロック」を使用します。 音で浄化し、音と…

リズムはどこでズレるのか?

リズムを苦手とする方がどこでズレてしまうのか? 大きく分けると 1、フレーズの歌いだし 2、フレーズの終わり この2つです。

自分のリズムにこだわり過ぎない

「たまみの音楽室」のヴォイスレッスンに来る方には リズムが苦手、という方も少なからずいます レッスンではキーボードまたはピアノで伴奏をするのですが 大雑把に言って 1、自分の歌っているリズム 2、自分のカウントしているリズム 3、伴奏の刻んでい…

生徒のピアノにイライラ?

10年以上前まで子供や初心者のピアノレッスンをしていた。 その頃、良く言われたのが 「生徒のピアノにイライラするよね?」 同業者だったり、他の先生業をやっている人だったりから。

「嘘つき!」とある子供に言われたこと

思いっきり大きな声で 「嘘つき!」 と、幼稚園生の女の子に言われたことがある。

日々の生活の中にレッスンがあったら

お家の事情でしばらく来られなかった レッスン生の方が久しぶりに見えました。 久しぶりのレッスンの時は 誰でも、前に習ったことを忘れちゃったんじゃないかな? など、不安になるものですが… 意外と体は覚えています♪ そして歌っているうちにますます感覚…

果物を食べる

昨年バリ島へ行ってから コールドプレスジュースを飲むようになったのと同時に 今年は暑さも手伝って果物を食べることが多かった。 runcocco.hatenablog.com そんなところへ つくばのレッスン生の方から果物を頂きました。 地元のぶどうと、黄色くて硬い実の…

イントロから曲にのる

イントロで一番大切なのは テンポをつかむことですね。 これをしないと 曲が始まってから 歌いながらテンポを合わせる ということになってしまいます。

高い音は見上げない

これから上る山を遠目に見た時 「わぁ~高いなぁ」と思ってしまいます。

肋骨を開いたまま歌い切る

グループレッスンでの練習曲、現在は「もみじ」です。 親しみやすい曲の多くがそうですが 「秋の夕日に」「照る山もみじ」 2小節を歌ったところで、1回、息を吸います。 歌いだしの「秋の」は、良い声なのですが 「夕日に」と、後半は絞り出すような声にな…

「お」の口でアゴの力を抜く

日本語の母音は大まかに「あいうえお」の5つで出来ています。 それぞれの人に、得意な母音、苦手な母音があるかも知れません。 出しにくい部分がある時は それが、どの母音かチェックしてみると良いでしょう。

歌わないからこそ伝わる部分

音程もリズムも正しく、言葉もはっきりしている。 でもどこか曲の雰囲気とズレている。 そんな時は 隅々までしっかり歌おうとしないで 歌わないからこそ伝わる部分を信じてみる。

アゴを引く・考え事のポーズ

どの歌もほとんどがサビの部分は音が高く、また大きく歌いたい。 でも ・音を上げよう ・大きく歌おう とすると、下アゴが前に出てしまう人は多いです。

「え」を歌う時の舌の位置

発声練習をしていて、「あ~」は、とてもうまくいくのに、「え~」になると、平べったくなってしまう人がいるかも知れません。 今回は日本語の母音、「あいうえお」の中の「え」の舌の位置について書いてみようと思います。

なりたい自分になるヴォイスレッスン感想1

「たまみの音楽室」 では、【なりたい自分になるヴォイトレ】をご用意しています。 【なりたい自分】は、人それぞれですが これからご紹介するご感想を読んで やってみたい!方がいたらうれしいです。 なお、”らんこっこ”は、私、たまみのハンドルネームです…

ソロは誰が歌うのか?

「どうしてEさんがソロなんですか?」 面と向かって言わなくても、合唱団ではこういう気持ちを抱いている人は少なからずいるのかも知れない。

涙そうそう~しゃべる音域の歌い方

歌が苦手だし、しゃべっても聞き取ってもらえないんです。 と、いらした女性。 「涙そうそう」をレッスン曲に選びました。

こもった声を直さない方がいい時もある

児童合唱団の指導をしていた時 Nちゃんという、鼻にかかるこもった声の子がいた。

歌が下手だから直したい!と言ってきた女の子

「先生、私、歌が下手なの、自分でわかってる。 クラスで歌うと自分だけ違うから、直したいの!」

木綿のハンカチーフ~音痴は治ります!

50代女性のMさん 「私、音痴なんです…」 と、おいでになりました。 まずは歌ってもらいます。 ”木綿のハンカチーフ~♪” 「確かにそうですね、でも治りますよ。」

歌う時の舌の位置

民謡を習っているレッスン生の方が 民謡の先生のところで歌ったら 「舌を引っ込めなさい!」 と怒られたとのこと

自分の歌を客観的に聴く

何かを学習したり、練習したりする場合 いわゆるビフォー・アフターというものがあります。 TOEICや大学受験、ダイエットなど数値がはっきり出るものはわかりやすいと思うのですが、「歌がうまくなったか?」 というのはなかなか評価がしづらいものの一つで…

自分の声に気づいていく

何の勉強でも そういう部分があるかと思いますが、

声の奥行きを出す

私たち人間の目はお魚さんと違って顔の正面についています。 なので当然ですが後ろが見えません。 歌う時に遠くへ飛ぶ良い声を出そう! とすると意識が前方だけに偏り、いわゆる喉が上がった声になってしまいます。

あの鐘を鳴らすのはあなた

今日は「あの鐘を鳴らすのはあなた」のレッスンをしました。 サビ部分は、フレーズの頭の言葉を強調します。

Story

リーディングセッションやパワーストーンの販売をなさっている おかなおひさんのヴォイスレッスンをさせて頂きました。